サポート

お問い合わせの前にQ&Aをご確認ください。

光触媒は初めて…これからバイオミミックコートを使う人へ

回答をすべて表示する
バイオミミック社の光触媒は安全なの?
バイオミミックコートの主成分は二酸化チタンなので安全です!
二酸化チタンは白色顔料としての化粧品、ガムやホワイトチョコレートなどの食品添加物、糖衣としても使用されている安全な物質です。さらに、専門機関でマウスの毒性試験を実施して安全であることを確認しています。
バイオミミックコートを施工するには何が必要なの?
現場でバイオミミックコートを塗布する時には吹き付け塗装機が必要です。特に機材の指定はしていませんが、 簡易的なものから本格的なものまでご案内させて頂きます。機材の販売もしておりますのでご相談下さい。
塗布してはいけない素材はあるの?
塗布できない素材はありません!タイル、コンクリート、モルタル、各種塗装、樹脂、木、紙、革などのあらゆる素材に加工できます。光触媒の加工が難しいとされている『ガラス』や『ステンレス』にも加工できます。
塗布後の仕上がりは?
バイオミミックコートは透明度が非常に高いので、吹き付けた面を変化させることはありません!塗布しても外観は変化しません。 ガラスや鏡面ステンレス、革シートのような光沢のある黒色部に塗布する場合は塗布方法にコツがありますので、 別途お気軽にお問合せください。
一度塗布したらどのくらい効果が持続するの?
故意的に強く擦ったり、塗布した上に他のコーティングをしない限り、バイオミミックコート塗布部は光触媒としての機能を保ち続けます。
使いたいけど何処に問い合わせすれば良いの?
弊社のホームページのお問い合わせフォームに必要事項をご記入して頂きまして送信してください。 担当者より折り返しご連絡させて頂きます。また、弊社にお電話にてお問い合わせください。
スプレー缶も販売されているけど中身は同じなの?
同じ液剤を使用しております。スプレー缶なので、吹き付け塗装機が必要ないためご自宅や事務所の屋内外など手軽に使いたい場合にご利用いただいております。
スプレー缶は1セットで何㎡吹くことができるの?
スプレー缶はアンダーコートとトップコートの2本で1セットの梱包です。各々目安として約10㎡塗布できます。塗布面積は対象物の素材で前後はありますが、標準的なスプレー方法は塗布対象物から20~25㎝ 離して、1秒間で横に1mスプレー缶を動かすスピードで吹き残しなくスプレーして約10㎡塗布できます。
他社との差別化を図るために、自社製品にバイオミミックコートを加工した付加価値のある製品を開発するために、評価したい場合はどのようにすれば良いですか?
御社製品のサンプルを弊社まで送って頂ければ、バイオミミックコートを加工してご返送させて頂きます! まずは、弊社ホームページのお問い合わせフォームから、又はお電話にてご連絡ください。

光触媒を現在使っている方へ

回答をすべて表示する
壁面塗布時の注意点は?
液剤が透明なので、どこまで吹き付けたのか判らなくなる場合があります。塗布作業は集中して行い、常にどこまで吹き付けたのか把握しながら、吹き残しがないように丁寧に塗布作業を進めることがポイントです!それでも塗布したか否か全く判断がつかなくなってしまった時は、疑わしい箇所を再度塗布してください。特に外壁は、吹き残した箇所だけ汚れが目立つ可能性があります。
液剤の使用期限は?
冷暗所の保管条件を厳守して頂ければ長期保管は可能ですが、早めのご使用をお勧めします。
雨の日に外壁工事はできるの?
降雨量と風の有無にもよりますが、雨が外壁に直接当たらない限り工事はできます。
外壁工事後まもなく雨が降って、壁面が濡れてしまった場合は大丈夫?
BM-アンダーやBM-Uコートを塗布した壁面が乾燥したあとに濡れた場合は問題ありません。雨が予想される場合は、最上部の躯体と足場を使ってマスカ―等で簡易的な軒を作ってあげるだけでも壁面の雨養生になります。ご参考にしてください。
BM-アンダーを塗布後、どのくらい時間を空ければトップコートを塗布していいの?
季節やその日の気温によりますが、BM-アンダーを塗布後に指で触り乾燥していたらトップコートを塗布できます。乾燥が足りなくて吹き付けた箇所が湿っていたら少し時間を置く必要があります。最低でも30分~1時間は空けるようにすると良いです。
タイルには色んな種類があるが塗布してはいけない種類はあるの?
今まで数多くの室内外の現場でタイルへの吹き付け工事をしてきましたが、工事後に外観が変化したり性能が変化した事例はありません!タイル表面の釉薬の有無や磁器質・せっ器質・陶器質などの素地の吸水率の違いに関係なくバイオミミックコートは塗布できます!吸水率の違いによって、塗布作業時に液剤の吸い込み量を多少考慮する必要はあります。
ガラスや革製品に塗布する場合の注意点はあるの?
塗布時に一番気を使う素材です。基本的にやり直すことが難しい素材なので、一発勝負です。ガラス面に一度吹き付けた液剤は、すぐにガラス面に定着してしまいウエスなどで容易に取り除くことが出来ない場合があります。塗布方法には現場で培ったコツがありますので、お気軽にお問合せください。
液剤を薄めて使っても良いの?
バイオミミックコートは薄めないで原液でご使用ください! 薄めて塗布した場合はバイオミミックコートの本来の性能と効果が落ちてしまいます。液剤は絶対に薄めないでください!

お問い合わせは、お電話・お問い合わせフォームにて
受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。